ムダ毛処理の手間を省き、ツルツルな肌にするためにも脱毛に興味を持っている人は少なくありません。
なかには、失敗することもあるのではないかと心配になり、なかなか脱毛に踏み切れない人もいます。
レーザー脱毛、光脱毛で多い失敗例としては、レーザー、光の照射漏れが挙げられます。
施術後、確かに毛は抜けたけれど、まだ残っている部分がある場合に失敗と感じやすいです。
しかし、肌へのダメージを考慮して照射箇所をずらしている証拠とも言えます。
次以降の施術の際に、施術者に相談し対応してもらうことで照射漏れを防ぐことができるでしょう。
また、施術中の痛みに耐えられなかったという失敗例もあります。
輪ゴムを弾いたときのような痛みと例えられることが多いですが、痛みの感じ方には個人差があります。
思っていたよりも痛くないと感じる人もいれば、痛みに耐えきれずに麻酔を使用したり、レーザーの出力を下げたりして対処する人もいます。
また、部位によっても痛みの感じ方が変わる場合もありますので、我慢できないのであれば、施術者と相談し痛みを和らげるよう対処してもらいましょう。
このような失敗例に対して、どのような対処をしてもらえるのかを事前に確認しておくことで、サロン選びもしやすくなります。

Comments Are Closed!!!